2013年01月19日

悟りと気づきと覚醒瞑想トランス 迷いを断ち切る方法

悟りを開く方法と瞑想、座禅の仕方

覚醒瞑想が深まると悟りを開く脳に変化してくれます


覚醒瞑想トランス状態がある一線を越えると、今まで気づかなかったことを発見し、迷いだらけの心へ確固たる芯が確立されます。

理性の世界では到達不可能なことが、覚醒瞑想トランスの中で知恵を超えた偉大な深い意識の中で、実感として真理が見えたり、つかむことができます

悟りを開くことに似た直感がほとばしる状態です。

lgi01a201410150000.jpg

これが瞑想をやる人が多く求めてきた『瞑想の果実』です。

迷いと悩みだらけの心が晴れ、すがすがしい感覚の中で真理を見る。

この生臭坊主の私でさえ、その瞬間に立ち会えた時、生命の躍動と感動に身が震えたものです。

感動だけ感覚だけの素晴らしき世界でした。

そうです。

迷いは考えても解決しないどころか、ますます混迷を深めさせてしまいます。

しかし考えることをやめることは至難の業です。

そこに瞑想や座禅といったものが、解決の糸口となると期待をよせ、修行に励むわけです。

しかし、迷いだらけの人が瞑想を行うこと自体、迷っている己を再認識するしかない結果に終わる可能性が高いのです。

瞑想や座禅が迷いを深める可能性

中途半端な瞑想は迷いを深めると私は思います。

だから瞑想の危険性を訴える人がいるのも、無理からぬ事だと思うのです。

私達は様々なしがらみの中で生きています。

生まれた瞬間からしがらみは始まり、成長とともに増えていきます


そのなかでどんどん己を見失い、迷いが増えていく。

これが悩みです。

迷うから悩む、悩むから迷う

この繰り返しで、精神的な健康が損なわれていきます。

ひいては肉体まで害されていくのです。

誰もが悩みたくないのに、悩みにとらわれる。

悩むと考え、それが迷いにつながる。

普通はこの中でもがくしかないのです。

宗教の役割は終わりつつあります

昔より、迷いや不安を断ち切るために宗教がありました。

何かにすがらなくては生きていけないのが人間なのかもしれません。

ましてや科学の発達していない昔の時代、非科学的迷信がたくさんありました。

それらは人間と自然の密接なつながりを演出してくれました。

そこに宗教の価値が大きく光り輝いていました。

今は違います。

今の時代、迷信のほとんどが否定されています。

オカルトの世界に追いやられ、迷信を信じる人は変人の烙印を押される世の中です。

科学技術の発達で、闇への不安・恐怖、未知への不安感が人間から無くなって行きました。

しかし、残った不安感があります


生きていたら生じる不安や迷いは理性では解決できません

霊的なものへの不安がなくなっていたと同時に、現代人はその不安というエネルギーを自分自身へと向けてしまったのです。

その不安を解消するために人は理性を使い、恐怖もなくそうとしました。

理性は科学技術を発達させ、非科学的なものを否定することで人は安心感を得ることに成功したのです。

だからでしょうか、理性の力で、己の中の不安を払拭できると思ってしまいました

しかし、ご存知のように自分の感情を思い通りにできないのが理性です。

理性を使えば使うほど迷いが生まれ、ますます混迷を深めてしまったのが現代人なのだと思います。

いまもアマゾンやジャングルで原始的生活をしている部族は、文明人よりも悩みはないでしょう。

あったとしても、食生活や病気、霊的なものへの悩みです。

理性を発達させた人が、座禅や瞑想をやろうとしてもうまくいかないのはしょうがないことです。

あまりに理性に頼りすぎているから、それを使わないことなど、感覚的にわからないのですから。

それにどれだけ時分が理性を使っているかなど、普通は分からないし考えません。

が、瞑想をするとなると、はじめて理性とは?ということに向き合わざるを得なくなります。

理性を超えられるかが瞑想を極める方法

瞑想を深めるコツは、簡単にいえば、理性を使わないことです。

考えて考えて悩んで悩んだ末に、一種の悟りに到達できると考えているならば、瞑想をやればやるほど迷いを拾い上げてしまうと思います。

悩んでもいいとおもいます。

しかし悩んだ末に、理性がいかに無駄なものか気づくならば、です。

だからこそ、悩んで悩んだ末に悟ることができたとなるのです。

理性を超えた圧倒的な精神状態ではないと、迷いを断ち切る気づきや悟りはやってこないのです。

私はまさにそれを体験しました。

考えて得られる答えなどたいしたものではないと実感しました。

真の気づきとは、理性をはるかに飛び越えた一瞬の感覚の世界なのだと教えられました。

迷いが晴れるのは、一瞬の気づきがもたらしてくれます。

私も迷いの製造機なほどの坊主の風上にも置けぬ人間でした。

いまは難しいことも考えず、起きたら起きたで悠然と構えていられ、すごく割り切りが良くなりました。

だからすごく楽ですし、月並みな表現ですが毎日が楽しみです。

深い覚醒瞑想を体感すると自分も変わるし人も変えることができます

坊主の仕事や瞑想に疑念を抱いていた時もありましたが、いまではこの覚醒瞑想トランス状態に入ることができたという一点だけでも、やっていてよかったと思っています。

それに私の言葉に耳と傾ける人の反応もすごく良くなったと実感しております。

それは感覚の世界を深く掘り下げることができたからです。

そうなるためには理性で何とかしようとする無駄をたくさん経てきました。

だから、無駄をたくさんしてください

ショートカットで深い瞑想トランス状態になろうなんて思わないでください。

たくさん考えて目を閉じて瞑想をしてもいいです。

無駄をたくさんして、それがいかに無駄だったかを悟ることが出来れば。


全記事紹介 興味ある記事に進んで下さい
左向き三角1瞑想坊主の自己紹介 

左向き三角1スティーブ・ジョブズ氏と瞑想と…… 

左向き三角1瞑想の危険性について2 うつ病…… 

左向き三角1瞑想とは理性の限界をはっきりと…… 

左向き三角1瞑想トランス状態の原始的感覚 

左向き三角1脳覚醒体験 悟り的気づきと岩波…… 

左向き三角1瞑想による悟りに至る唯一の方法 

左向き三角1瞑想トランス状態のすごさ、時間…… 

左向き三角1脳内麻薬が噴出した瞑想状態の劇…… 

左向き三角1瞑想トランスは本能に火をつける 

左向き三角1理性では捉えきれぬ誘導瞑想トラ…… 

左向き三角1瞑想トランスは危険ではない 逆…… 

左向き三角1瞑想の危険性について 

左向き三角1瞑想は心の掃除 心の栄養補給 

左向き三角1悟りと気づきと瞑想トランス 迷…… 

左向き三角1本能を大切に生きる 座禅瞑想に…… 

左向き三角1瞑想による真理到達を可能にする…… 

左向き三角1脳に魔法をかけられる岩波先生と…… 

左向き三角1瞑想の効果を劇的に向上させる極…… 


2012年12月02日

瞑想の効果を劇的に向上させる極めつけの方法

laugh-1391102_960_720.jpg
ストレス解消に瞑想や座禅は効果的ですが……

心がイライラした時、クサクサした時、荒れるか、落ち込むか、割り切るか、ここが人間にとってとても重要です。
いらいらする人間はストレスをためてしまい長生きをなかなかできない人ですね。
ストレスは万病の元ですし、まず心が苦しいです。
その後に脳から内臓までくまなく侵食していき、本物の病気になってしまいます。

  AC内科医の自律神経健康ブログ 精神的ストレスによる病気の治し方
   (幼少時代からストレスを受け続けてきた内科医のストレスと疾患のブログ)


ストレスのない、ストレスがあってもストレスに侵食されないようになるには、瞑想や座禅が一番です。

ただしこれは理想論であり、瞑想や座禅をしても必ずしも効果が出るとは感じられませんが。

ストレスをなくそうと座禅や瞑想をやると、最初は心が落ち着いたりします。

しかし、慣れてくると進化してもいいはずなのに、反対に雑念やストレス源のことを思い出してしまいます。

人間は知恵や経験がつくと、生きにくくなるものなんですね。


精神の統一や精神を鍛えるということは、なかなか大変な道です。

そして人間とは厄介で複雑な思考能力を持っています。

それは潜在意識の厄介さでもあります。
lgi01a201308152300.jpg

ストレスか幸せか、道を分ける割り切り力



さて、なぜストレスを感じるほどのイライラやクサクサを振りほどくことができないのでしょうか?

悪いことがあっても、まあ、そんなこともあるさ、と思える人は、イライラよりも、精神が鍛えられています。

都合よく考えられ、すぐ割り切りができる人は、とても幸せに生きられます

とどのつまり、人間力と呼ばれて久しいですが、割り切りがつく人間ほど、人間としての力量、いわば器がでかい人だとみなされます。


一度過ぎたことはもう取り戻せないものです。

それをいつまでも後悔して悩んでいても何が戻ってくるのでしょうか?

人間はどんなに頑張っても過去にはもう戻れないのです。

戻ろうとすること自体が、すべての無駄になり、割り切り力までも奪ってしまうのです。

無駄なことをいくらやっても、しょうがない。

それならば、もっと別のことに労力を割くべき、だというのが、より幸福により健康に生きる上で大切なことだと思います。

座禅、瞑想や精神修行で効果的なやり方、考え方

瞑想も座禅もそうです。

雑念や自我やあるいは心の魔境と否が応でも向き合わざるをえない状況に必ず陥ります。

そこで雑念や自我を排除しようともがくのか、それがある、という前提でやりつづける、どちらが
瞑想が深まるでしょうか?

精神統一がより向上でき、悟りの道が開けるのでしょうか?


そこで割り切りが出来た
人ほど、劇的に瞑想状態が深まっていきます


座禅で組んでいてもそうでしょう。

仏教は悟りを開くことが目的とよく言われますが、より一般化して言いますと、己の脳を何らかの方向で覚醒させること、といえます。

脳が覚醒するには、割り切る力が必須になります。

とらわれない心です。

さらにいくと無念無想です。



うじうじ、くよくよ、これはみなさん嫌いではありませんか?

自分でやっているときは案外気が付きませんが、第三者として客観的に見ると、とてももったいない生き様です。

でも、人はどうしてもやってしまうのです。

なぜなら、人間は考える葦だからです。

哲学者パスカルがいった言葉ですね。

lgi01a201308152300.jpg

現在の瞑想法はあまりに普通であり生ぬるいと感じます


しかし、脳が覚醒するには、人と同じ事をやっていたのでは埒が明きません

なぜならば、覚醒するということは、一般の人から抜け出すことを意味するからです。

人と同じ事をやっていたのでは、瞑想の極致に立つことは不可能と考えてください。

ですから同じ瞑想をするにしても、人と同じように瞑想をやっていたら、大きな効果は得られないということです。

それだけ時間を失い、更に瞑想をやり続けても取り戻せる保証は全くありません。


なぜならば、人間ですので瞑想を続けるうちに必ず焦りが出てきて、このまま続けていいのかという不安が入り込んでしまうからです。

不安や焦りは雑念よりももっとたちが悪いもので、瞑想中それに取り憑かれてしまうと魔境に入ってしまいます。

そういう意味では瞑想は危険です。



もちろんですが、瞑想が深まった人を参考にすることはとても大事なことです。

でも、それは人と同じ事をやるのではなく、違うことをやった人の教えを請う、ということです。

同時に、なぜ瞑想が深まらないのか、なかなかうまくいかないで壁の前に立ち尽くしている人を反面教師にすることも大事となってきます。

そこにうまくいかない理由と、うまくいかせるためのヒントが必ず隠れています。

また瞑想をすればするほど、私達に足りないことを気づかせてくれるのです。

lgi01a201308152300.jpg

覚醒瞑想体験時に弾ける気づきの数々が悟りの道に通じる


例えば、今回のテーマに照らし合わせると、私は割り切る力が弱い、という気づきです。

神秘的で深い瞑想状態に入ると気づきが増えてきます。

気づく一つ一つに心の浄化と極度のリラックス効果と強い信念と割り切る力が付加されていきます。

いってみれば心が豊かに強くなっていきます。

自分の中に足りなかった弱点を気づくことは、決してマイナスでもありませんし、卑下することもありません。

飛躍するための材料にしか過ぎません。

実際に私は自分の弱点をたくさん気づいて、普通ならば落ち込みますが、不思議と気持ちが楽になっていきました。

受け入れられてしまうからです。

受け入れられた欠点はもはや欠点ではないのです。

これが極度に瞑想状態が深まったときの効果の一つです。

もし普通の意識で欠点に気づいてしまったらどうでしょうか?

落ち込むしかありません。

普段受け入れたくないから欠点を見ないようにしていたのに、心が受け入れ態勢に入っていないのに、直面していてしまったからです。
lgi01a201308152300.jpg

人と同じ精神修行では悟りは開けない、深い瞑想を味わえません


今まで座禅瞑想やヴィパッサナー瞑想、超越瞑想など様々な瞑想法がありましたが、どれも価値があるものです。

とはいえ、そのやり方でなかなか上手くいかないのが現状のようです。

お坊さんと言えども例外ではありません。


実は雑念と自我と煩悩にとらわれていて、なかなか抜け出すことに難儀しています。

もちろん、そんなことを表明することはありませんが(笑)

顔は立派で徳の高い高僧ですら、そうなのです。

それほど座禅や修行で脳を覚醒させて、悟りに近づくことは難しいことなのです。


つまり、人と同じ修行をしていたのでは、先人の域にはたどり着けません

覚醒させるには、人と同じ道を歩まない、それが結局割り切る力にも通じてくるのです。

私は人と同じ道を歩みませんでした。

それは落ちこぼれゆえです。

だから偉そうなことは何も言えません。


でも、極めつけの誘導瞑想法に出会ったことだけは確かです。


エリートじゃないほうが、中途半端に効果を感じていない人のほうが、その人達を追い越して、上に行けるものなんですね。

だからいつでも挽回が可能です。

瞑想も人生も。

lgi01a201308152300.jpg

絶対的体感と頭でっかち瞑想の超えられない壁

私が偉そうに言えることは、その覚醒瞑想トランス状態を体感しているということの一点です。

ゴータマ・シッダールタ(ブッダ)と一般人の違い
は何でしょう?

それは絶対的な体感をしたかどうかの差です。

ゴータマ・シッダールタはそこから悟りを開けた。

たった一つの点ですが、これほど大きな差はありません。

そしてネット上を見回しますと、理論だけが卓越している人がいます。

そんな人は本やネット上の知識を吸い込んで頭でっかちになっているだけです。

そういう人の言っていることに振り回されないようにしましょう。

体感したことは絶対的な知識に通じます。


かくいう私も偉そうに上から目線でブログを書いてしまいましたが、少なくとも私は絶対的な深さの覚醒瞑想状態を味わっているということに関しては、一家言あるのです。

一番言いたいのは迷い苦しみ落ちこぼれた私ですら、そこらへんの霊験あらたかな高僧の瞑想状態の遥か高みを味わっているということです。


落ちこぼれでも誰であっても、究極の瞑想状態に入れる方法があったのです。

この雑念だらけの無念無想とは程遠かった私でさえも味わえたのです。

それは絶対的な体感でした。



全記事紹介 興味ある記事に進んで下さい
左向き三角1瞑想坊主の自己紹介 

左向き三角1スティーブ・ジョブズ氏と瞑想と瞑想と禅、そして岩波先生のこと 

左向き三角1瞑想の危険性について2 うつ病や不安神経症の方へ 

左向き三角1瞑想とは理性の限界をはっきりと悟ること 

左向き三角1瞑想トランス状態の原始的感覚 

左向き三角1脳覚醒体験 悟り的気づきと岩波先生について 

左向き三角1瞑想による悟りに至る唯一の方法 

左向き三角1瞑想トランス状態のすごさ、時間の観念すら超越する 

左向き三角1脳内麻薬が噴出した瞑想状態の劇的効果について 

左向き三角1瞑想トランスは本能に火をつける 

左向き三角1理性では捉えきれぬ誘導瞑想トランス状態の驚くしかない体験 

左向き三角1瞑想トランスは危険ではない 逆に心が洗われる 

左向き三角1瞑想の危険性について 

左向き三角1瞑想は心の掃除 心の栄養補給 

左向き三角1悟りと気づきと瞑想トランス 迷いを断ち切る方法 

左向き三角1本能を大切に生きる 座禅瞑想により理性の無駄を悟る 

左向き三角1瞑想による真理到達を可能にする秘訣 

左向き三角1脳に魔法をかけられる岩波先生との出会いと奇跡の体感 

左向き三角1瞑想の効果を劇的に向上させる極めつけの方法 

カテゴリ