2018年08月30日

瞑想トランス状態に入るコツ 無防備になれ、断捨離の無防備が瞑想を覚醒させる

瞑想や座禅をやると、抵抗にあいます。

この抵抗は自分の心に他なりません。

外では常に音がなっていますし、部屋では小さなLED電球など光害があり、冷蔵庫の音、エアコンの音、換気扇の音が鳴っています。

しかし、自分の心がそれを抵抗とみなした時、すべてが雑念となって襲ってきます。

この抵抗に、普通は防衛策を私達は講じます。

そして尽きぬ雑念との戦い、自意識との戦い、音や光との戦い、集中力の戦いに入り、無毛な戦になっていくのです。

tree-984846_960_720.jpg

瞑想に深く入ることは無防備になることです。

すべてのことに対して防衛してはいけません。

受け入れろと言われるのはそういうことです。

意識して、邪魔者、抵抗勢力を何とか排除することに躍起になると、たちまち頭が重くなっていきます。

これでは瞑想の効果を感じることなど永遠に不可能です。



自分を守ることを放棄して下さい。

それによって、不毛な戦いの中で浪費してきたエネルギーを取り戻すことができます。

抵抗に対して受け流して下さい。

柳のように。

無理に努力して頑張って抵抗すると、ポッキリと心が折れるでしょう。

暴風雨に対して、しなやかさがないからです。



緩みが瞑想を深めてくれます。

そのためには無防備になること、断捨離をすることです。

守る自分を捨てて下さい。

意図を捨てて下さい。

欲求も捨てて下さい。

これらを守ると、抵抗が増します。

摩擦がひどくなります。



すべての力みが抜けて、尽きない抵抗をしなやかに受け流せた時、明らかに流れが変わっていくことに気づきます。

それもそのまま受け流して、受け身になって感じるだけです。

あとは一体となって、溶け込んで、その流れとリズムに乗って下さい。

こうなると、もう楽です。

気楽で、安楽で、楽しく、瞑想の世界を存分に味あえます。

とても幸せで、心地よく、本当に瞑想がすごいと思うことでしょう。



すべての雑念や抵抗から無防備宣言を出して、武器も捨てて、切り抜けるための努力も捨てて、瞑想や座禅に励んで下さい。

2018年08月29日

深い瞑想に入るコツ 雑念への対処法 雑念があっても瞑想トランス状態に覚醒できます

深い瞑想状態に入るコツと雑念対処法

いつのまにか瞑想がうまくできなくなっていませんか?

前はある程度無心にできたというのに、雑念が邪魔をしてうまく瞑想ができないと思っていませんか?

雑念は瞑想をやる人間にとって、悪友です。

では悪友にどう対応すればいいのでしょうか?



雑念は邪魔者だという考えは捨てて下さい。

雑念があるから深い瞑想状態に入れないと嘆いていたら、ますます雑念のパワーと価値が膨らんでいきます。

雑念があって当たり前、空気のように思えていると、雑念は逆に瞑想をする集中力を高めてくれる、貴重な燃料源になります。

そして、雑念があっても、深い瞑想状態に入り、瞑想トランス状態へと覚醒していけます。

だから、安心して雑念があるまま、マントラを唱えたり黙想なりヨガなり座禅なり呼吸法を続けて下さい。

雑念は大歓迎です。



もし雑念があるから集中力が削がれ、瞑想ができないと投げているのならば、それは大間違いです。

雑念があっても、とても心地よい最高の精神状態になれます。

深い瞑想に入れるコツは、雑念があるままで全然大丈夫だと知ることです。

むしろ雑念ゼロで瞑想ができたら、それは超天才か、よほどのお馬鹿さんでしょう。

そんなことは普通はありません。

雑念が全くなくなった状態になることは理想ですが、雑念無しで瞑想をやると、一生理想の瞑想には入れません。

雑念があるからこそ瞑想が光り輝くのです。


一度雑念がある中でも、無理にはねのけないで、雑念のあるがまま、瞑想をやって下さい。

そして、こう信じておいて下さい。

『雑念があっても、イライラするどころか気持ちよくなれる』

この考えをしっかり持った前提で瞑想をやって下さい。

雑念が浮かんで襲ってきても、それがある限り戦う必要がなくなります。



それでも瞑想状態に深く入れるようになりますから、安心して下さい。

そう自分に言い聞かせて下さい。

雑念に付き合わない方法がわかっていきます。

受け流せるようになり、どこか片隅にいてもらうことができるようになります。

そして、雑念があっても深い瞑想状態に入った時、『雑念は瞑想のエッセンス』だと悟ります。

雑念があるから究極の集中があるのです。

究極の集中がどんどんできていくと同時に、瞑想トランス状態がガンガン深まっていきます。

雑念のおかげです。

雑念がある自分だから、瞑想もうまくいくのです。


2018年08月19日

瞑想を極める! 瞑想の仕方を知る前に瞑想とは何か? 効果を得るために必要なことを考える

瞑想を言うと、瞑想法のことを考えてしまうものです。
つまり、型から瞑想をとらえようとしてしまうのです。

しかし、瞑想とは自然発生的に起きる何かです。
瞑想とは瞑想状態のことであり、瞑想状態とは変性意識状態のことであり、トランス状態のことです。

145785dfb4224c9.jpg

瞑想は瞑想状態に深く入って初めて、瞑想足りうるのです。
瞑想状態には、瞑想法を様々な形でやっても、必ずしも入れるとは限りません。

瞑想とは何もしていない無為自然な時、そして無念無想の境地にある時、生じてくるものです。
決して瞑想法(瞑想の仕方)のことを考えたら、効果を一生感じることはないでしょう。

瞑想法は瞑想そのものではないことは覚えておいて下さい。
どんな瞑想法のテクニックも型も、あなたを神秘的な瞑想の効果へ導いてくれることはありません。


しつこいくらいに書きましたが、意図的なものではなく、自然発生的にこちらが受け身になったときにだけ、瞑想になるわけです。
そこに意図も情熱も賢い知恵も我慢も必要ありません。

瞑想状態に深く入るためには、それらを捨て去ることです。
そのコツを掴んだ時、体の芯が抜けていくことがわかるはずです。
ただ事象を受け入れるだけの、とても楽な状態です。

雑念すら受け流せてしまうほどの緩みのなかで漂うだけで、自然発生的に瞑想状態が深まっていきます。
それをただ感じて待つだけでいいのです。


瞑想を難しく考えたら負けです。
世界には多くの瞑想の種類が存在しますが、型ばかりこだわっている瞑想法や瞑想教室には距離をおいたほうがいいです。
それしか他の瞑想教室と差別化を測れないから、細かい作法について指導されるのであって、本当の瞑想はもっと自由で、楽で、楽しいものです。


瞑想を極めた人がいたのならば、それは必ず根性や気合や努力の末つかんだものではないでしょう。
最初は頑張って頑張って頑張り抜いた挙げ句、その無駄を悟り、これまで自分が頼ってきたものを捨て去った時、はじめて瞑想とは楽なものだと、瞑想の仕方だの効果を求めることなど、どうでも良くなった人にだけ、真の瞑想状態が自然と漂ってきます。
あとはその波にひたすらのっかっていけばいいだけです。


2014年10月14日

瞑想とは理性の限界を悟ること 瞑想法の限界も知ること

瞑想の方法と仕方 岩波英知先生の覚醒瞑想と理性の限界

瞑想がうまくいかないのは理性に限界があるからです


瞑想をすることは、普段我々が頼っている理性の力とは遠い位置に己の心と身をおくことにほかなりません。

理性では限界があります。

人間の感情的なパワーの前にはなんにも役立たないことが多いのです。

これは覚醒瞑想の岩波先生の『岩波先生の言葉・講演集』を読めばわかると思います。

分量が多いので、まずはご自分が興味あるリンクをクリックしてみてください。

もしくは岩波先生は本も出していますので、そちらもお読みください。


不都合な感情をコントロールできないから瞑想を理性をつかってやってはなりません


私達は理性で己をコントロールしようとします。

何をコントロールしたいのかと申しますと、己の感情です。

私達に不都合な感情が起きているから、それをどうにか抹殺したりうまくいなしたりしようとします。

しかし感情とは暴れ馬のようなものでして、理性という手綱では到底制御しきれないものです。

不都合な感情とは、一般に不安、恐怖、怒りといったものです。

これらはあって当然の感情要素ですが、過度に行き過ぎると己を滅ぼし、他者まで巻き込んでしまうほどのダイナマイト的な威力を持っています。

言葉は悪いですが、理性の感情コントロールとはこのダイナマイトを小便で消そうとするがごとく、無意味なものなのです。

それどころか自分が火傷をする結果に終わってしまいます。


僧侶も瞑想と理性の壁を突破できていません


ですので、理性はいざというときに役立たないものだと低く見たほうがいいと思います。

どうにも私達は理性に頼りすぎる生活をしすぎています。

お坊さんでもこの理性との折り合いを付けられない人間が多いです。

くされ坊主のたぐいは欲情を制御しきれずわいせつ事件を相変わらず起こし続けていますが…。

それはさておき、博学な高僧のお坊さんがいますが、彼でさえ、ただありがたい経典や本を借りて、説法している残念なケースが有ります。

博識なのは素晴らしいですが、自分の感情から発せられた言葉ではないため薄っぺらい印象を受けます。

ただし僧侶という職業上、ありがたく聞こえてしまうのは約得なのでしょう。

普段から座禅、瞑想などで内面を見つめているお坊さんでさえ理性に終始取り憑かれているのですから、その方の瞑想状態の深さはだいたい想像がつきます。

あまり大したレベルには達していないでしょう。


素晴らしい人格(理性が強くお利口さん)が深い瞑想に入れない矛盾


そもそも前に書きましたように、瞑想とは理性の限界を悟ることで、そこから先に更に深い瞑想状態が待っているべきです。

つまり理性にとらわれている時点で、次のステップには進めないということです。

私もこの理性の壁(感情の壁とも言えます)には相当苦しめられました。

頭では理性を捨てなければいけない、とらわれてはいけないと知りながらも、どうにも捨て去ることができませんでした。

理性を捨てるには覚醒瞑想の岩波先生の言葉を借りれば、バカになる、狂う、イカれる、ズレるしかありません。

理性が発達しているお利口さんほど瞑想が浅く、一方で感覚的でしかもバカになれる人が瞑想の次の深いステップに進める方程式はたしかにあります。

ここでも問題があります。

お利口をやってきた人がバカになることの感覚がわからないのです。

バカになるために頭を使ってしまうのです。

この矛盾には私も足元をすくわれました。


瞑想の壁を一瞬にして敗れる魔法の技術


ですから逆説的ですが、理性を一瞬に外して「理性を使わない非常にくつろいだ心地良い状態」をまず脳に味あわせることから、瞑想を始めたほうがいいということです。

理性を使わないで感覚に身を任せていることが、どれだけ尊くて気持ちよくて心が洗われるかという感覚からさ気に入るべきです。

それを岩波先生は魔法の技術を使って、心理脳内プログラムや覚醒瞑想で行っています。

理性やもっとひどい雑念や嫌な思考を外したくてもできない人でも、岩波先生の覚醒瞑想誘導技術で頭に空白を作り、そのときのすごい体験を脳に焼きつかせることができます。

何度も言ってきましたが脳は一度覚えた感覚を忘れません。

理性をはるかに飛び越えた脳の状態を一度体験することができたら、脳は『理性を外した時の見返り』を学ぶことができます。

つまり感覚的にバカになるってこういうこととわかるのです。


20年の瞑想の迷走を一瞬で埋めもっと見返りがもらえる覚醒瞑想


そこから始めたほうが、『バカの壁』で十年二十年立ち尽くして逡巡しているよりも、はるかに劇的に深い瞑想トランス状態に入れるわけです。

実際にそれぐらいの瞑想や精神修行をしてきた方が、ほんの数回の誘導でバカの壁を破って、さらに深い瞑想状態へ自らも入っていくケースを私は何度も目にしています。

私も岩波先生の誘導技術を突破口にして、理性を外すことの大切さと見返りと素晴らしさが身にしみました。

そしてある一面において、理性はいかに人間にとって邪魔なのか悟ることができました。

この悟りは小さなものかもしれませんが、私にとって涙をながすぐらいの感動を伴った大きな大きな悟りでした。


瞑想や座禅がうまく行かなくなった時、自分の理性に注目


私が瞑想トランス状態が浅い時、うまくいかない時は、必ずと言って理性を使ってどうにかしようとしています。

その都度修正し、バカになることの大切さを思い出し、自力で深い瞑想トランス状態に入れるようになっています。

瞑想にはどこまでいっても理性は邪魔者に過ぎません。

理性が捨てることが出来る人だけが、理性を使いこなせ、本当の智慧、胆識を獲得できるのです。


全記事紹介 興味ある記事に進んで下さい
左向き三角1瞑想坊主の自己紹介 

左向き三角1スティーブ・ジョブズ氏と瞑想と…… 

左向き三角1瞑想の危険性について2 うつ病…… 

左向き三角1瞑想とは理性の限界をはっきりと…… 

左向き三角1瞑想トランス状態の原始的感覚 

左向き三角1脳覚醒体験 悟り的気づきと岩波…… 

左向き三角1瞑想による悟りに至る唯一の方法 

左向き三角1瞑想トランス状態のすごさ、時間…… 

左向き三角1脳内麻薬が噴出した瞑想状態の劇…… 

左向き三角1瞑想トランスは本能に火をつける 

左向き三角1理性では捉えきれぬ誘導瞑想トラ…… 

左向き三角1瞑想トランスは危険ではない 逆…… 

左向き三角1瞑想の危険性について 

左向き三角1瞑想は心の掃除 心の栄養補給 

左向き三角1悟りと気づきと瞑想トランス 迷…… 

左向き三角1本能を大切に生きる 座禅瞑想に…… 

左向き三角1瞑想による真理到達を可能にする…… 

左向き三角1脳に魔法をかけられる岩波先生と…… 

左向き三角1瞑想の効果を劇的に向上させる極…… 

2013年07月10日

瞑想や座禅による悟りを開く唯一の方法


悟りを開く方法と岩波英知先生の覚醒瞑想技術

悟りを開く方法 必要不可欠な思考

 

悟りを開くためには、複雑な経路は全く必要ありません。
悟るために我々が唯一できることは、瞑想状態を深め、そして悟りを求めないこと。

satori.png

悟らないことが悟りへの唯一の道です。

そもそもが、瞑想状態を深めるために、瞑想状態になろうとしてはいけないのです。

つまり、追い求めては必ず逃げてしまうものです。

呼吸法もそうです。

変性意識状態に入ろうとしては、一生入れず、迷いだけを引き寄せてしまう。

座禅や瞑想をしても迷いと焦りだけを増幅させている人もいるでしょう。

そういう人が悟るために瞑想をしても、まったく意味がありません。

はっきり言えば時間の無駄です。

ひいては人生を無駄にしています。


悟ろうとすると悟れなくなります、諦めた時に悟りが近づいてきます


少し挑発するようなことを書いてしまいました。

 

こう書くにはちゃんと理由がありますので、しばしお付き合いください。

では、無駄にしないためには、どうすればいいでしょうか? 

無駄をもっと重ねてやるという気持ちです。

矛盾していますが、無駄でもいいからやってみる、効率を度外視して、ただチャレンジしてみる。

これが、時間の無駄が黄金の日々に変わる唯一無二の方法です。

効率を求め、結果の効果を追い求めていたら、すべてが無駄になってしまうのです。


悟ろうとしないでください。

そうしたら気づくことができるでしょう。

重大な真理に。

こうなるとあなたの心は自由になれるでしょう。

楽・喜・感・熱・情、これらの人間の情動が豊かに発揮されると思います。



気づきをたくさん経て、人は悟りに向かう

ではお前はそうなれたのかという話になります。

 

私が真の深海よりも深い瞑想状態を味わい、訓練してからは、悩んでいたことがほんのちっぽけなことも思えるようになりました。

感情が豊かになり、不安や恐怖の感情を受け流せるようになりました。

つまりとにかく楽です。

安心できる心になりました。

昔は安心しようと努力したことが、すべて漠然とした不安感、焦燥感として跳ね返っていました。

また感情もコントロールできませんでした。
自己肯定感よりも否定感のほうが強かったのです。

今ではすべてが逆に切り替わっています

人は考えるだけでは決して変われません

浅い瞑想状態の時でもそうです。

悩みを深く掘り下げてしまうだけです。

そんなものどうでもいい、そんな割り切りがすぐつける人間になれたと思います。

昔の私は知恵ばかりの人間でした。

おそらく私の話を聞く人も退屈していたことでしょう。

今では感覚が豊かになったと自分でも感じますし、人からもよく指摘されます。



悟りについては岩波先生の『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』という本の中の「悟り的気づき」の項目について、なるほど!という文言が書かれてあります。






全記事紹介 興味ある記事に進んで下さい
左向き三角1瞑想坊主の自己紹介 

左向き三角1スティーブ・ジョブズ氏と瞑想と…… 

左向き三角1瞑想の危険性について2 うつ病…… 

左向き三角1瞑想とは理性の限界をはっきりと…… 

左向き三角1瞑想トランス状態の原始的感覚 

左向き三角1脳覚醒体験 悟り的気づきと岩波…… 

左向き三角1瞑想による悟りに至る唯一の方法 

左向き三角1瞑想トランス状態のすごさ、時間…… 

左向き三角1脳内麻薬が噴出した瞑想状態の劇…… 

左向き三角1瞑想トランスは本能に火をつける 

左向き三角1理性では捉えきれぬ誘導瞑想トラ…… 

左向き三角1瞑想トランスは危険ではない 逆…… 

左向き三角1瞑想の危険性について 

左向き三角1瞑想は心の掃除 心の栄養補給 

左向き三角1悟りと気づきと瞑想トランス 迷…… 

左向き三角1本能を大切に生きる 座禅瞑想に…… 

左向き三角1瞑想による真理到達を可能にする…… 

左向き三角1脳に魔法をかけられる岩波先生と…… 

左向き三角1瞑想の効果を劇的に向上させる極…… 


カテゴリ