2013年07月10日

瞑想や座禅による悟りを開く唯一の方法


悟りを開く方法と岩波英知先生の覚醒瞑想技術

悟りを開く方法 必要不可欠な思考

 

悟りを開くためには、複雑な経路は全く必要ありません。
悟るために我々が唯一できることは、瞑想状態を深め、そして悟りを求めないこと。

satori.png

悟らないことが悟りへの唯一の道です。

そもそもが、瞑想状態を深めるために、瞑想状態になろうとしてはいけないのです。

つまり、追い求めては必ず逃げてしまうものです。

呼吸法もそうです。

変性意識状態に入ろうとしては、一生入れず、迷いだけを引き寄せてしまう。

座禅や瞑想をしても迷いと焦りだけを増幅させている人もいるでしょう。

そういう人が悟るために瞑想をしても、まったく意味がありません。

はっきり言えば時間の無駄です。

ひいては人生を無駄にしています。


悟ろうとすると悟れなくなります、諦めた時に悟りが近づいてきます


少し挑発するようなことを書いてしまいました。

 

こう書くにはちゃんと理由がありますので、しばしお付き合いください。

では、無駄にしないためには、どうすればいいでしょうか? 

無駄をもっと重ねてやるという気持ちです。

矛盾していますが、無駄でもいいからやってみる、効率を度外視して、ただチャレンジしてみる。

これが、時間の無駄が黄金の日々に変わる唯一無二の方法です。

効率を求め、結果の効果を追い求めていたら、すべてが無駄になってしまうのです。


悟ろうとしないでください。

そうしたら気づくことができるでしょう。

重大な真理に。

こうなるとあなたの心は自由になれるでしょう。

楽・喜・感・熱・情、これらの人間の情動が豊かに発揮されると思います。



気づきをたくさん経て、人は悟りに向かう

ではお前はそうなれたのかという話になります。

 

私が真の深海よりも深い瞑想状態を味わい、訓練してからは、悩んでいたことがほんのちっぽけなことも思えるようになりました。

感情が豊かになり、不安や恐怖の感情を受け流せるようになりました。

つまりとにかく楽です。

安心できる心になりました。

昔は安心しようと努力したことが、すべて漠然とした不安感、焦燥感として跳ね返っていました。

また感情もコントロールできませんでした。
自己肯定感よりも否定感のほうが強かったのです。

今ではすべてが逆に切り替わっています

人は考えるだけでは決して変われません

浅い瞑想状態の時でもそうです。

悩みを深く掘り下げてしまうだけです。

そんなものどうでもいい、そんな割り切りがすぐつける人間になれたと思います。

昔の私は知恵ばかりの人間でした。

おそらく私の話を聞く人も退屈していたことでしょう。

今では感覚が豊かになったと自分でも感じますし、人からもよく指摘されます。



悟りについては岩波先生の『奇跡の脳覚醒 頂点を極める成功哲学』という本の中の「悟り的気づき」の項目について、なるほど!という文言が書かれてあります。






全記事紹介 興味ある記事に進んで下さい
左向き三角1瞑想坊主の自己紹介 

左向き三角1スティーブ・ジョブズ氏と瞑想と…… 

左向き三角1瞑想の危険性について2 うつ病…… 

左向き三角1瞑想とは理性の限界をはっきりと…… 

左向き三角1瞑想トランス状態の原始的感覚 

左向き三角1脳覚醒体験 悟り的気づきと岩波…… 

左向き三角1瞑想による悟りに至る唯一の方法 

左向き三角1瞑想トランス状態のすごさ、時間…… 

左向き三角1脳内麻薬が噴出した瞑想状態の劇…… 

左向き三角1瞑想トランスは本能に火をつける 

左向き三角1理性では捉えきれぬ誘導瞑想トラ…… 

左向き三角1瞑想トランスは危険ではない 逆…… 

左向き三角1瞑想の危険性について 

左向き三角1瞑想は心の掃除 心の栄養補給 

左向き三角1悟りと気づきと瞑想トランス 迷…… 

左向き三角1本能を大切に生きる 座禅瞑想に…… 

左向き三角1瞑想による真理到達を可能にする…… 

左向き三角1脳に魔法をかけられる岩波先生と…… 

左向き三角1瞑想の効果を劇的に向上させる極…… 


【悟りを開く方法と悟りへの道の最新記事】
posted by 寺島サンガ at 22:09 | Comment(0) | 悟りを開く方法と悟りへの道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ