2019年01月21日

うつ病や不安障害の人が一人で瞑想をやる危険性と瞑想の魔境に陥らない条件

directory-466935_960_720.jpg



瞑想には魔境と危険性があるのか?

瞑想を中途半端にやっていると、そして一人で黙々とやっていると、瞑想の魔境に陥ってしまうことは書きました。

瞑想は危険か危険ではないのかと問われれば、私は瞑想は危険ではないけれど、注意する必要があると思います。

一人で瞑想をして、感受性の強い人(病的な意味において)ほど、危険だと思っていいと思いますが、それは瞑想そのものが悪いわけではないことは、リンク先のブログにも書きました。

瞑想が悪いのではなく、その人の人生の抑圧されたルーツが悪いのですが、瞑想をやりがちな人ほど、抑圧を溜めて生きてきた人です。

だから、瞑想と抑圧と不幸の出会いが生じることで、瞑想の魔境に陥って、瞑想は危険だと言われてしまう原因となるのです。



瞑想を一人でやって危険な水域に入る人

瞑想を一人でやってしまって、精神状態が悪化してしまう人は、うつ病や不安障害やトラウマがひどい人です。

ずっと抑圧をし続けて、精神的なコンディションが悪い人ほど、瞑想で魔境を吸い寄せてしまいます。

一人でそうなると、対応しようがなくなりますし、そこで焦るともっと錯乱してしまいます。

ですが、一方で瞑想状態に深く入ることで、抑圧を浄化しないといけないことも事実です。

瞑想状態に深く入ると、本当に心が根こそぎ浄化されます。

そうなると、瞑想には指導者が必要です。

心の抑圧のこと、人間の深淵の闇をよく知っている指導者です。

それ以外でうつ病や不安障害やトラウマの人が一人で瞑想を続けることをおすすめしません。



瞑想の本当の危険性と瞑想状態にうまく入れない魔境

それに一人で瞑想をやり続けると、時間がもったいないです。

そして時間を重ねても、瞑想がうまくいく保証はどこにもありません。

瞑想の危険性は実はそこにあると私は考えます。

瞑想の危険性は、他にもやればやるほど意識統一も集中もできずに雑念というゴミが溜まっていくこともあります。

そのときに集中力が出ない自分に幻滅してしまう(無意識でも)ことが恐怖です。

瞑想は自分を高めたり深めてくれるものですが、それは決定的にうまくいったときだけです。

瞑想は瞑想ができない、意識統一も内面探求もできない自分を悟らせてしまう逆効果もあるのです。

つまり、自分の潜在意識や無意識の可能性を制限してしまい、瞑想をやるよりも一層理性と知恵を使いだしてしまい、自分の魂を深めることができなくなっていく、それが瞑想の危険性です。


瞑想には優秀な指導者が必要


指導者がいれば、脇道に大きくそれてしまう自分を正常な道に戻してくれます。

ただし、逆に瞑想の指導者はそれしかできない人も多くいます。

瞑想法の知識があり、知識によって人々をある程度まで導けますが、瞑想を深めることにかけてはまったく専門外な指導者がほとんどです。

瞑想を深めてくれる指導者に誘導してもらう必要があります。



瞑想状態、変性意識に入れる指導者では無理です。

それは自分では入れますが、人を誘導できません。

ましてうつ病や不安障害やトラウマを抱えた人の心の闇を受け止めることができません。

その人達が瞑想の魔境に陥った時の錯乱ぶりは、並の指導者では対応不可能です。



瞑想が究極に深まれば危険性も魔境も超越してしまう それが可能な指導者

何度もおすすめしていますが、瞑想をたった一日で人生最高の体感をもたらし、心を根こそぎ浄化させてくれる指導者は日本に一人しかいません。

世界中でもオンリーワンの存在です。

覚醒瞑想、瞑想覚醒法、脳覚醒技術の天才岩波先生は瞑想を究極にまで深めてくれる技術を持っています。

一日で瞑想の最高に深い次元にもたらしてくれるどころか、そこからどんどん瞑想状態が深まっていきます。

瞑想状態がそこまで深まると、もううつ病も不安障害もトラウマも根こそぎ浄化されていきます。

瞑想がうつ病や不安障害に効果的なのは、瞑想状態が決定的に絶対的に深まったときだけです。

それ以外の瞑想状態の浅さでは危険です。

瞑想の魔境なんて超越してしまいます。

だから、瞑想が最強の状態に覚醒した時、瞑想が危険ですとか、魔境がどうということは関係なくなってしまいます。

瞑想をただのリラックス体験だけだと思ってはいけません。

人間の潜在意識や無意識を根こそぎ変えてくれる神秘的な体感が確実にありますし到来します。

そこまでいったら危険性も魔境も関係ありません。


posted by 寺島サンガ at 15:18 | Comment(0) | 瞑想の魔境の恐怖と危険性
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ