2018年08月28日

瞑想でトランス状態(覚醒瞑想状態)に入るコツ

瞑想のコツは瞑想を妨げる要素を知ること

瞑想でトランス状態(覚醒瞑想状態)に入ることは、普通にやっていたら到達できません。

普通とは、『不必要な努力、理性、意図、力み、強制的な集中力』のことです。


瞑想や座禅やヨガでもいいですが、確かに努力というものは必要です。

努力があるからこそ、集中しようとし、雑念を排除し、トランス状態に入ろうとします。

そもそも努力をしないとなると、瞑想や座禅をすることはないでしょう。
TKL18063010_TP_V.jpg

最小限の努力、それ以上の努力は瞑想に必要ない


つまり瞑想を始めた時点で、普通の努力は達成しているものと思って下さい。

それ以上の努力は不必要な努力になります。

この努力が瞑想をトランス状態に入ることを妨げる原因となります。


最小限の努力でいいのです。

意図的なものも「さあ、瞑想をやるぞ」で達成していますから、捨ててください。

理性も入りません。

瞑想に理性はすべて邪魔になりますし、雑念を運んできます

集中力はたしかに必要ですが、強制的に自分に集中力を持たせることは、下手をすると雑念に固着することになります。

自然の集中力が一番です。



自然に気楽に、努力なしだからこそ、トランス状態に入れる

瞑想のコツは、まさに最小限の努力です。

つまり自然です。無為自然です。

神秘的な、そして奇跡的な瞑想状態を体験した人はわかると思いますが、うまくいった時、努力なしに、楽に、安易に、自然の法則に乗っかるだけで、最高の結果をもたらしたと思います。

本当に楽で、自然です。



世の中の自然法則も、最小限の努力で動いていることがわかります。

草木は育とうと思わずに、ひたすら成長します。

水は高いところから低いところにただ流れているだけです。

花は咲こうとせずに咲きます。

地球も惑星も公転しよう、自転しようと思っているのではなく、ただ回っています。



原点回帰。成長するに従って知恵と理性をつける大人脳を破壊

そして人間も、生まれたての赤ん坊は泣こうと思って泣いて出てくるのではありません。

ただ泣いているだけです。

しかし、その赤ん坊もどんどん知恵をつけます。

ここで泣いたら、お母さんとお父さんが構ってくれると学びます。

そして大人になった時には、常に意図的に、理性を使って、いつも見返りを得ようと知恵を張り巡らせています。



瞑想のコツは、最小の努力に戻ることです。

生まれたての赤ん坊のごとく、草木や水のごとく、ただ自然に最小限の努力で瞑想を行って下さい。

そのリズムと流れに乗れた時、瞑想に奇跡が起きます。

奇跡とはトランス状態です。

トランス状態になったら、自分で制限せず、さらに自然に任せて下さい。

そこからもっと別次元の深さが出現します。

戻ってこられますので、安心して下さい。

ただ自分の脳内にトリップしているだけです。

身構えることなく、判断や状況をチェックすることなく、あるがままでいてください。

ただ受動的に感じて下さい。




posted by 寺島サンガ at 22:44 | Comment(0) | 座禅瞑想を極める方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
カテゴリ