2014年10月15日

瞑想の危険性について2 うつ病、PTSD、不安神経症やストレス性障害の方へ

うつ病、PTSD、トラウマの人が瞑想をやると危険で魔境に入る理由

どんな人が瞑想の魔境に陥り危険性の錯覚が増すのでしょうか?


瞑想の危険性には以前に書きました。


今回は瞑想をやって逆に症状を悪化させる例を書いていきたいと思います。

瞑想をやるには、各々の人が何かしらの抱えている問題、ないし障害を解決したいという考えでやると思われます。

動機がないのにわざわざ瞑想をするという人はいないものです。

ただしどれほどの重さを抱えているかは、人それぞれです。

その中で瞑想をやって逆に症状が悪化する例を書いていきます。


うつ病、PTSD、トラウマや強迫観念持ち、不安障害の人が瞑想をやった時


うつ病やトラウマ持ち、不安症、不安神経症の方は、自分を向き合わないで何とか日々をしのいでいる方がいると思います。

しかし瞑想は自分を向き合わざるをえない時が来ます

その時にうつ病が悪化したりトラウマに直面してしまう危険性は確かにあるのです。

だからそういう方は一人で瞑想をすることは避けたほうがいいでしょう。

が、瞑想状態に深く入れるほどに、心の傷を癒やすことができるのも確かです

一般的にうつ病や不安障害という症状名がつくぐらい重い状態の方は、瞑想だけではなかなか心の問題を解決できないものです。

まずは心の底の抑圧というマグマを取り除かなくてはいけないのです。


やるからには中途半端な瞑想状態で終えることこそ危険です


もしそれをやらないで中途半端に瞑想をやると、ショックを受けたこと、抑圧や過去のトラウマ、心の傷を解消できないのに一方的に見なくてはいけなくなるのです。

過去の辛い記憶と向き合うことは、浅い瞑想状態でやることは(顕在意識状態においても)非常に危ないことです。

ただし瞑想の名誉のために述べておきますが、本当に深いところまで到達した瞑想状態のおいては、過去の辛い記憶も消化できるほどの効果を得られます。

問題はそこまでいかない時なのです。

そして残念ながら殆どの人が、消化出来うる深さにまでは到達できていません

最悪、誰か信頼できて心の問題に精通した人がそばにいればいいですが、一人でやることはおすすめしません。


瞑想で潜在意識、無意識の問題に効果を与えることは間違っていません


しかし、うつ病や不安神経症などを瞑想で解決しようとする方向性は決して間違っていません。

うつ病は薬では結局のところ治りません

症状を抑えることはできますが、抑圧やトラウマのマグマはいつ噴火して薬の効果を打ち消してしまうかわからないのです。

だから、心の底から問題の根本を解決するしかないのです。

そのエキスパートが圧倒的に深い瞑想状態である覚醒瞑想トランスへと誘導してくれる岩波先生です。

岩波先生のもとには世界中からメンタル面の悩みの克服のために大勢通ってきています。

岩波先生の覚醒瞑想トランスの深さならば、自分と向き合うことができながら、抑圧感情も根こそぎ処理できる効果が大いに期待できます。

実際私も目の当たりにしましたが、ずっと十年以上も苦心惨憺続けてきた人が、深い深い覚醒瞑想トランス状態で劇的に症状が楽になっているのです。

それでいながら自分で自分に向き合うこともしていて、その上でのトラウマ抑圧消化なのです。

うつ病の方、PTSDの方、不安神経症や毎日不安を抱えながら暮らしている人が多く通ってきています。

もちろん瞑想をさんざんやってきた人も、皆例外なくびっくりしています。

ここまで瞑想状態の深さが違うものか、私自身も信じられない程でしたから。

狐につままれたような状態といえばわかると思います。


一人でトラウマや抑圧感情に立ち向かうことが危険です


岩波先生も重い事情やトラウマを抱えている人が自分と向き合うことは一人で絶対にするなと言っています。

一人だと悪化するからです。

ただし深い覚醒瞑想トランス時の余韻で自分や過去と向き合うことをさせていました。

その余韻は魔法の時間と呼ばれていまして、心内が浄化されていくとても貴重で神秘的で奇跡的な時間です。

その時抑圧が処理されて心が楽になっていくのです。

何にしてもやはり瞑想とは深さが絶対的に重要なのです。

瞑想そのものは誰でもできます。

しかし深い瞑想状態になるには生半可なことではいきません。

ですから中途半端に心に向き合ってしまうのならば、ある症状の人はやらない方がいいし、もし覚醒瞑想トランスで症状を克服したいのであれば、尋常じゃない深さに身と心を置き、根こそぎ問題の本質から解決してみてください。

結論は瞑想法はやり方を間違えるとある症状の方には危険なものになりますが、それでも瞑想の可能性は計り知れないものがあるということです。


全記事紹介 興味ある記事に進んで下さい
左向き三角1瞑想坊主の自己紹介 

左向き三角1スティーブ・ジョブズ氏と瞑想と…… 

左向き三角1瞑想の危険性について2 うつ病…… 

左向き三角1瞑想とは理性の限界をはっきりと…… 

左向き三角1瞑想トランス状態の原始的感覚 

左向き三角1脳覚醒体験 悟り的気づきと岩波…… 

左向き三角1瞑想による悟りに至る唯一の方法 

左向き三角1瞑想トランス状態のすごさ、時間…… 

左向き三角1脳内麻薬が噴出した瞑想状態の劇…… 

左向き三角1瞑想トランスは本能に火をつける 

左向き三角1理性では捉えきれぬ誘導瞑想トラ…… 

左向き三角1瞑想トランスは危険ではない 逆…… 

左向き三角1瞑想の危険性について 

左向き三角1瞑想は心の掃除 心の栄養補給 

左向き三角1悟りと気づきと瞑想トランス 迷…… 

左向き三角1本能を大切に生きる 座禅瞑想に…… 

左向き三角1瞑想による真理到達を可能にする…… 

左向き三角1脳に魔法をかけられる岩波先生と…… 

左向き三角1瞑想の効果を劇的に向上させる極…… 

カテゴリ